変なおっちゃんが怖い【チャイルドマインダー】

我が家の愛娘4歳は変なおっちゃん(架空人物)が嫌いです。それを良いことに大人の都合で手っ取り早く納得してもらわなければならない時はこれの乱用です。あまり乱用はよくないと思いながらも今日も使ってしまいました。

朝いつもは子ども達が寝ている間に仕事に出かけるパパですが今日は大きな物音で子ども達を起こしてしまい起きた愛娘は「パパと遊ぶーー」と泣き叫びだしました。とりあえずその場を収めたく変なおっちゃんの登場です。
ママ「大きい声出してたら。。。あっ!変なおっちゃんが!」
愛娘「。。。グスン。」
効果抜群です。その隙にパパ出勤しました。

もちろんその後のフォローはママの仕事です。
ママ「変なおっちゃんもういないよ。大きな声出してたらみんな耳痛くなっちゃうしパパお仕事終わったら帰ってくるから遊んでごはん食べて待ってよう。」
愛娘「おもちゃ買ってくれるかな?」
ママ「どうかな?パパ何が良いかわからないから次の休みの日に一緒にお店で何が良いか見に行こうか?」
愛娘「うん。」

あ~一段落。朝からかなりの体力を使ってしまいました。

泣き叫ぶ愛娘を一旦静かにさせる方法が架空人物なのはなんとも情けないですがしばらくは変なおっちゃん頼みです。
本当に良かったけれども、私自身ももっと頑張ろうと思い、チャイルドマインダーになろうと勉強しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です